LAで出会った面白いUberドライバーTOP4


先日Los Angelesに旅行に行った際、今話題のUberを使ってきました!とにかく便利で安くておすすめです。

ステイしていたのが、24時間Uberがうろついているかなり人通りの多いウェストハリウッドの友人宅だったので、常にピックアップが5分以内という早さ。さらに運賃も通常のTAXIより半額?くらいでとってもお得でした。(詳しい使い方はこちら。)毎日お酒を飲むことをわかっていたので(笑)、あえてレンタカーをせずに移動は全てUberで済ませて、安全で楽しい時間を過ごすことができました!

さて、本題。Uberドライバーさん達はTaxiドライバーとは違って、メインの仕事の傍ら空いた時間にEXTRA CASHを稼いでいる人が多く、様々な職業やバックグラウンドの人がいるんです。それを友人から聞いていたので、車に乗り込んだら必ずドライバーさんに話しかけてどんな人なのかを探ってみました。そもそも個性的な人が溢れかえっているLAですが、その中でも私のお気に入りのドライバーさんとの会話をご紹介します♪

uber-driver

1. オシャレなおじいさん GEORGE

West Hollywood友人宅➡︎Santa Monica 3rd Street

Me: So how long have you been using Uber for?
Uberどのくらいやってるの?

G: For about 1 month now. My son actually told me about it. He goes 'Hey Pa, why don't you do Uber since you got a time on your hand? Better doin' somethin' than sittin' at home all day.' Haha, so yeah, Uber was perfect for a retired man like me.
大体1ヶ月だね。息子が教えてくれたんだよ。息子がね、「お父さん、今暇なんだしUberでもしたら?家でゴロゴロしてるよりマシじゃない?」って言ったんだ(笑)。私みたいな定年退職した人間にはちょうどよかったってわけだ。

Me: That's awesome! So what did you do before you were retired?
そうなんだ〜。定年するまでは何してたの?

G: I used to teach Math and Computer Science in colleges. 
大学で数学とコンピューターサイエンスを教えてたんだよ。

Me: Cool. Those two are my least favorite subject. Haha. I think it's nice you wear a suit when you drive. 
すごい!二つとも私の一番苦手な教科だわ(笑)。私あなたみたいにスーツを着て運転するのって素敵だと思う。

G: To tell you the truth, I wear a suit everyday! I have 150 pairs in my closet! You know, I usually wore a suit when I taught, but one time I was wearing a hoodie and a baggy pants after a chiropractic appointment. And I was walking in a dark towards my car which was parked on campus. Then a security came to question me. He knew me, but he didn't recognize me because he only saw me in a suit. He told me, 'Nothing good happens with a black man wearing that! You should wear a suit everyday. Everyday!' Since then, I keep wearing suits! Haha. 
実は私は毎日スーツを着ているんだ。クローゼットには150着あるよ。昔から教壇に立つ時はスーツを着ていたんだが、ある日整体帰りにフードつきスウェットと大きめなパンツを着てキャンパスに停めた車の方へ真っ暗な中歩いていたんだ。するとセキュリティが尋問しに来たんだ。彼は顔見知りだったけど、私がスーツを着ている姿しか見たことないからわからなかったんだ。彼は言ったよ。「そんな格好している黒人男性に悪いこと以外起きないよ。君は毎日スーツを着るべきだ。毎日だよ!」それ以来ずっとスーツだよ(笑)。

america-uber

確かに、暗い道でぶかぶかの服を着ているか、スーツを着た着ているかで全く印象が変わりますが、暗闇を歩く黒人さんだから怪しまれやすいっていうのも皮肉な話だと思いました。それにしても150着って!どれだけクローゼット大きいんだよっと言いたくなりましたが、毎日着てるならなくはない話でしょうか。Georgeさんはすごく長身でよくしゃべる面白いドライバーさんだったんですが、2人の息子さんをUCLAに入れた立派な方で、同じサイズの息子さんもダディのスーツをよく借りるそうです。素敵なオシャレ家族ですね!


2. 食いしんぼう フィリピーノボーイ STEVEN

Monetray Park 四川料理屋➡︎West Hollywood友人宅

Me: I just had a Szechuan food that I found on Yelp, and it wasn't that good! I just wasted my stomach, man. Do you happen to know any good spicy Asian restaurants?
Yelpで見つけた四川料理屋さんに行ったんだけど、全然美味しくなかったの!胃袋無駄にしたわ〜。あなたスパイシーなアジア系のレストランで美味しいところ知ってたりする?

S: Did you just eat where I pick you up? I'm not sure about that place. You shouldn't really trust Yelp too much because a lot of restaurant pays for review. You know what, I am so foody. I have places I go everywhere. I can tell you where to go if you tell me what you wanna eat and where.
pick upしたあそこで食べてきたの?あそこはあんまりだね。レストランが結構レビューにお金払ってるからYelpはあまり信じすぎないほうがいいよ。僕めちゃくちゃ食べるの好きで、どこにでも行きつけのお店あるんだ。どこで何が食べたいか言ったら、いいところ教えてあげるよ。

Me: Really? Cool! Well I am staying in West Hollywood, so do you know anywhere in that area?
本当?やった!今ウェストハリウッドにステイしてるからその辺である?

S: Oh man don't even think about finding a great Asian food in that area. Go to K-Town or San Gabriel/Monetary Park Area. 
あーそこのエリアで美味しいアジア料理を見つけられるって考えないほうがいいよ。コリアタウンかサンガブリエル、モントレーパークに行きな。

Me: So which restaurant is good in.. let's say, K-Town?
じゃあコリアタウンだったらどこが美味しいの?

S: Hmm, it really depends what you like though. You know what? If you wanna take me out for a dinner, I will take you to a good place!
うーん、結局好みによるね。じゃあさ、ディナーおごってくれるなら、美味しいご飯やさん連れてってあげるよ。

Me: Oh I wish I can, but I'm actually leaving tomorrow. I'm just visiting from Japan.
行けたらよかったな。でも明日私帰っちゃうの。日本から遊びに来てるだけなんだ。 

。。。結局どこも教えてくれんのかーい!と突っ込みたくなりました。そして、なぜかおごってもらおうとするという、破天荒さ。20代前半のヒップホップ調に話す若者で、今にもラップをしそうなノリの子だったのでまだ残り3日くらいありましたが、適当にかわしました。(笑)若いっていいですね。


3.話が大きくなりすぎるラテン系 JESUS

West Hollywood友人宅➡︎LAX Airport

Me: God, I wish I can enjoy this perfect weather for a couple of more days. I'm flying back to Tokyo today, and I think the rainy season started already.
あーあ、あと数日この完璧なお天気を楽しめたらな。私今日東京に帰るんだけど、多分雨季が始まったみたいなのよね。

J: Oh yeah? Well I think you are lucky because I always wanted to go to Japan. So what do you do.
そうなんだ?俺は前から日本に行きたいと思っていたから羨ましいけどね。で、仕事は何してるの?

Me: Well, I am a part of making an App right now. It's kind of like a matching service for English teacher and students. My team is small right now, but I believe it will be bigger in the future.
アプリを作ってるの。英会話の先生と生徒のマッチングサービスみたいな感じよ。今はまだ小さなチームだけど、将来大きくなるって信じてるわ。

J: I actually develop an App myself too. It'll be released at the end of next month, so I'm quite busy these days.
実は俺もアプリの開発をしているんだ。来月末にリリースされるから結構最近忙しいんだ。

Me: That's exciting. Well I see Uber helps to get some extra cash, huh? I totally understand though. All of start-ups have trouble getting funds at the beginning right?
楽しみね。それでUberでお小遣い稼ぎしてる感じなのね。でもわかるわ。どのスタートアップも初期費用の調達に苦労するもの。

J: Nah, money is not a problem for me at all. I'm doing this for fun because I enjoy meeting people. I just got 20 million dollar investment for the App I'm working on right now. 
いや、俺にとってお金は全く問題じゃないね。色々な人と会うのが好きだからUberは趣味でやってるんだ。今開発してるアプリは2000万ドルの投資を受けたところだよ。

Me: Damn! 20 million dollar?
すごい!2000万ドル? 

J: Yeah. I actually sold my first App for 5 million to a person I met thru Uber...
そうだよ。初めに作ったアプリなんてUberで知り合った人に500万ドルで売ったよ。

金額の桁がすごすぎて、すぐに日本円に換算できませんでした。(笑)この後さらに話が大きくなったことは言うまでもありません。初めのアプリを売った後に何があったかはわかりませんが、一度そんな大金を手にしている人が古ーいHONDA CIVICに乗るでしょうか…いや、人を疑ってはいけませんね。因みに英語で大きい桁の数え方って今更聞けないですよね…こちらすごくわかりやすいです。

hollywood-uber

4. ポジティブすぎるアフロ俳優 JOSH

HollywoodのゲイBar➡︎Sunset Blvdのコメディークラブ

Me:  Do you think we can get into tonight's show? We haven't bought a ticket yet. It was all sold out.
今夜のショーを観れると思う?チケットが完売だったから、私たちチケット持ってないの。

J: Girls, we are in Hollywood. Anything is possible. If you wanna have something to happen, you will make it happen. And you know, Hollywood is all about money.
君たち、今ハリウッドにいるんだぜ。不可能なんてないのさ。何かしたいなら、君自身が動けばいいだ。それに、ハリウッドなんてお金が全てさ。

Me: Haha. Okay, I really hope we can get in.
(笑)そうね、本当に入れればいいな。

J: Oops, I just went to the wrong way guys. Sorry about that. ....Oh no, the street is closed. It might take us a little more time, but I'm telling you, this detour is for sure taking us to somewhere great, guys!
おっと、道間違えた。ごめんよ…やばい、道がふさがってる。ちょっと時間かかるかもしれないけど、これだけは言えるよ。この回り道は絶対に良い所へ導いてくれるはずだ!

Me and my friend: Well, as long as you get us at the comedy club on time. Haha.
コメディークラブに時間通りにつけばなんでもいいわ(笑)

おそらく白人と黒人のハーフっぽいエキゾチックな顔立ちの彼は俳優志望の方で、路中永遠と自分はあらゆる才能に恵まれているからラッキーだと教えてくれました。とにかく考え方や話し方がポジティブで聞いていて自分も明るい気持ちになりました。それにしても、アメリカ人は本当に人を楽しませようとしてくれます。日本人もこういうところは見習わないといけませんね。

ぜひ皆さんも海外でUberを利用する機会があったらドライバーさんに話しかけてみてください。^^

 
 

最後に

あぁ〜本当に満喫したLAでしたが、やはり車社会でUBERがなかったら死亡していました。お酒を飲まれる方は、レンタカーよりもやはりUBERをお勧めします。海外でUBERを使いこなせてる?タクシーの英語フレーズ集で詳しく車内のやりとり方法ご紹介していますので、ぜひ参考に。