はじめに

日本人の名前の中には、日本語ではとても素敵な意味を持っていたり響きがしたりしても、英語では全く違う風に受け取られることもあります。
また、日本人にとってLやR、THが発音しづらいように、英語圏の人にとっても発音しにくい日本語というのが存在するのは自然のことですよね。

そこで、今回は、英語で自己紹介をする時に相手に覚えてもらいやすいニックネームやイングリッシュネームのつけ方を紹介したいと思います。

nickname-thumbs

目次

1. 日本語のフルネームは覚えにくい
2. 本名をもじったニックネーム
3. 好きな有名人や人気のある名前から決めるイングリシュネーム


1. 日本語のフルネームは覚えにくい

nickname-remember

もちろん名前によりますが、一般的に日本人のフルネームは英語圏の人によっては覚えにくく発音しづらいものが多いようです。例えば、勅使瓦(てしがわら)さんや綾小路(あやのこうじ)さんはもう名字自体が長すぎて覚えてもらえませんし、「りょう」や「りゅう」、「つ」から始まる名前も英語圏の人にはとても発音しづらいようです。

また、せっかく素敵な意味や漢字を当ててもらえていても、英語では違う意味に取られてしまうこともあります。「亜久里(あぐり)」さんは英語でugly(醜い)、「雄大(ゆうだい)」さんはyou die(お前は死ぬ)、「福」がつく名前はf*ckを連想させたりしてしまうようです。

しかし、それはあくまで英語の時だけの問題なので、ニックネームやイングリッシュネームをつけることで簡単に解決できます!

2. 本名をもじったニックネーム

nickname-frog

名字や名前からのニックネームは日本語でもよく使いますよね。「わたなべ」さんを「なべ」ちゃん、「れんたろう」くんを「れん」くん、など、周りの友達のニックネームを見ても多いと思います。

これは英語でももちろん有効で、長い名前を短くしたり一部だけを取ったりしてニックネームにしてしまうと格段に覚えてもらいやすくなります。

例えば、
ともひろ、ともかず etc.. → Tomo
けんいち、けんたろう etc.. → Ken
えみこ、えみか etc... → Emy / Emilly
やまもと、やまぐち etc... →  Yama

など、簡単に作れるようであれば、これがベストですよね。

3. 好きな有名人や人気のある名前から決めるニックネーム

 出典:https://prcm.jp/album/702217034c652/pic/65366130

出典:https://prcm.jp/album/702217034c652/pic/65366130

名前や名字からニックネームを決めるのが難しかったり、他の人とかぶってしまう場合には、思い切ってイングリッシュネーム(英語名)をつけてしまうのもオススメです。

日本人はまだ抵抗がある人が多いようですが、海外にいる中国・台湾・香港、韓国、他のアジア圏出身でイングリッシュネームを通称として使っている人は少なくありません。
実際に筆者もカナダで、Sophia、Vivian、Steve、Tomなどの英語名を使っているアジア人に出会い、最初は見た目とのギャップに(失礼・・)戸惑いましたが、慣れればやっぱり発音しやすい、書きやすい、覚えやすいと良いこと尽くしだったので、個人的には日本人ももっとイングリシュネームを使っていいと思います。

でも、どうやって決めれば良い?というのが出てくると思いますが、基本的には自分の好きな名前を選んでしまってOKです。
映画に出てくる登場人物の名前(赤毛のアンからAnneなど)や、好きな俳優さん、有名人(ジョージ・クルーニーからGeorgeなど)、または海外で人気の名前などもいいですね。

英語版の赤ちゃん名付けサイトなども参考になるかもしれません。
Most popular baby names of 2016
Baby names: Top 100 most popular boys and girls' names
Top Names Over the Last 100 Years

日本語名は両親からの大切な贈り物ですが、自分のセカンドネームをこうやって決めるのも夢があって素敵ですよね。

ただ、いずれにしても気をつけていただきたいのが「自分で正しく発音できる」名前を選んでくださいね。いくら字面や響きがかっこよくても、RやLの発音に自信がなかったり、結局What?って聞き返されて伝わらない英語名では悲しすぎですものね笑。

また、せっかくつけたイングリッシュネームを変えてしまうと大きな混乱を招くことになると思います。なので、一度決めた名前は大事に末長く使い続けてくださいね。

最後に

nickname-happy

日本ではまだあまり馴染みのないイングリッシュネームですが、これからのグローバル社会、相手の人に自分の名前(存在)を覚えてもらうことが最重要です。

もちろん元々の名前で問題なく呼んでもらえる人はいいですが、海外の方に覚えてもらえにくい名前の人はこれを機にニックネームやイングリッシュネームも検討してみてはいかがですか。

実際に使い始める前に「この英語名で大丈夫?イケてる?」と確認したい人は、是非eikaiwaNOWの先生に聞いてみてくださいね。


Comment